国境の南、太陽の西

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (98)
  • (135)
  • (327)
  • (35)
  • (5)
本棚登録 : 1337
レビュー : 144
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062060813

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでみたら、以前にも一度読んでいたようだ。細かいところは覚えていないがあらすじは覚えていた。この話が面白いのかな?あまりぴんと来ません。一人っ子の幼馴染のお話。

  • 「ノルウェイの森」の中年バージョンか、という印象。有紀子が緑かな。あらすじをかいつまんで語ろうとしたらとても陳腐な内容になってしまいそうですが、あのときからずっと・・・となるとまた二人の関係にわかったようなことは言えなくなってしまう。ただ、私は迷っているような人を有紀子のようには受け入れられない。読み手によってはパンドラの箱を開けてしまったような気分になるかも。しばらく「僕」の精神状態になってしまうかもしれないのでご用心!

  • 昔読んだことがあったが
    あまり印象に残っていなくて久々に読んでみた。
    色々と思い出される過去のことと
    まじりあって
    切ない気分
    懐かしい気分
    戻れない過去に 何とも言えない気分に

    今の自分もまた、同じようなものを抱えている

  • ハジメくんと島本さん、から始まり、イズミと会い、その従兄弟と抱き合い、由紀子と結婚する、正しくありたいと思い続けながら、人を傷つけ、でも、ひとにも自分にも正直である。ねじまき鳥のクロニアルの第一部としてかかれたモチーフを切り出して書かれた小説

  • ひとりの男の少年時代から中年になるまでを、いくつかの恋愛遍歴を通して描かれる。

    少年時代の淡い恋愛。
    思春期の情熱を持て余した恋愛
    結婚してからの妻との満ち足りた生活。

    平穏な生活に突然訪れる、遠い時間へ過ぎ去った恋愛との邂逅。
    物語は、主人公の男が恋愛を通じて、自分の中にあった心の飢えと乾きに気づき、それを満たすように過去の恋愛へと引き戻されて行く。。。

    現在と失った時間や、日常と非日常。
    これらを対比させることで、行き場のない彷徨う心の問題を取り扱っている。

    ただ、主人公がのめり込む恋愛対象の女性には、正直魅力を感じませんでした。
    ミステリアスで陰がある女性といった人物造形なのだが、一緒にいると疲れるタイプにしか感じませんでした。
    また、主人公もワガママすぎて(作品冒頭も自己申告している)感情移入しずらくもありました。
    家庭と恋愛で揺れ動く男の迷いを率直に描いているものの、率直すぎて人を傷つけすぎ!といった感じです。

    印象に残ったところでいくと、終盤である性描写があるのですが、これがかなり滑稽で、笑ってしまいました。
    引っ張って、引っ張っての性描写だけに、脱力でした。

    いろいろとノレない部分はあったものの、作品自体の背後にある深遠な意図を感じさせる、主人公が恋愛対象の女性に言った文章があったので、掲載します。

    「君を見ていると、ときどき遠い星を見ているような気がすることがある」と僕は言った。「それはとても明るく見える。でもその光は何万年か前に送りだされた光なんだ。それはもう今では存在しない天体の光かもしれないんだ。でもそれはあるときには、どんなものよりリアルに見える」

    村上春樹は、恋愛を通して世界の理を表現したり、世界の理を恋愛を通じて感じさせようとしているのかもしれないと感じさせてくれた一文でした。

  • 最後の5ページくらいだけのために、そこまでの長い話がある、といった印象でした。
    結論だけ言うわけにはいかないから、そこまでの経緯をひとつずつ丁寧に説明しているのでしょうが、必要と思えないエピソードまで克明に描かれているので、興味ない人の昔話をだらだら聞かされているようで、読むのがつらかったです。

    話全体を通して言いたかったこと、この本のテーマ、の面白さはわかりますが、小説としての面白さが、ちょっとわかりませんでした。

  •  不思議な話だった。怪異現象が起こるわけでもなく、大事件が起きるわけでもない。孤独だけれども女性にはモテるひとりの男性の半生記といえばそれまで。でも、この物語は独特な雰囲気を醸し出している。
     人生っていうのは、不思議な出来事の連続で成り立っているのかなと思った。誰の人生であっても…。

  • 村上春樹の作品の女の子は必ず何かが欠けていて、"僕"はかならず彼女を損ない、なんらかの形で失う。

    あらゆる外傷、あらゆるトラウマは時が癒すというけれど、一度「損なわれた」僕と彼女は「損なわれ続ける」...(たぶんそれは、"崖から落ちて落ちっぱなし"by田中小実昌のようなものだ。

    でも唐突にやってくる「誰かの手」にも癒されるわけだ。

  • 島本さんは結局、どうして姿を消したのか。それが気になって仕方ない。ハジメくんと島本さんの空気感がスカイクロラの函南と草薙に似てる。

  • 読み終えて主人公ハジメに対して抱いたのは"反発"。
    理由は今の自分が置かれている状況のせいかもしれないし、村上春樹ファンの友人に若干無理やりに読むように勧められたからかもしれない。
    いずれにせよ主人公の内省の記述が多くて、長ったらしくて、ネチネチとしていて鬱陶しかった。どうも自分には受け入れがたい。

    ああいう描写に美的なものを見出す人(この本を貸してくれた友人のように)もいるけど、自分には相容れない。

    最後の「誰か」とか誰?

    自分には重松清のスタイルタが合う、そう思った。

全144件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

村上春樹(むらかみ はるき)
1949年、京都府京都市伏見区生まれ、兵庫県西宮市芦屋市育ち。早稲田大学第一文学部映画演劇科卒。大学在学中にジャズ喫茶「ピーター・キャット」を国分寺・千駄ヶ谷に開店していた(1981年、店を人に譲渡)。1979年にデビュー作の「風の歌を聴け」で群像新人文学賞を受賞。谷崎潤一郎賞、読売文学賞、朝日賞など数々の受賞歴がある。2006年にフランツ・カフカ賞、2009年にイスラエルのエルサレム賞受賞。ノーベル文学賞に最も近い作家の一人と言われており、毎年発表時期に日本国内でニュースになる。事実、村上春樹作品は全世界で翻訳されており、アメリカ・アジアでの評価がとりわけ高い。フィッツジェラルドやレイモンド・カーヴァーなどの作品の翻訳も手がけ、翻訳家としての仕事も高い評価を受ける。翻訳と創作活動を交互に行うことで、作風を変化させ、作家としての成長を続けている。新作が発表されるたび大きな話題となるが、近年は特別番組「村上RADIO」にてラジオDJも務め(不定期放映)、数々の名言も注目を集める。代表作に『風の歌を聴け』『羊をめぐる冒険』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』『海辺のカフカ』『1Q84』『騎士団長殺し』。2019年7月31日に『神の子どもたちはみな踊る』が舞台化。2019年8月7日発売の『文学界』でロングインタビュー「暗闇の中のランタンのように」掲載。アメリカのサックス奏者スタン・ゲッツの伝記翻訳を2019年8月末に刊行予定。

国境の南、太陽の西のその他の作品

村上春樹の作品

ツイートする