犬婿入り

著者 :
  • 講談社
3.57
  • (6)
  • (8)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 112
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062063074

作品紹介・あらすじ

独身女性の経営する塾に、とつぜんが押しかけてきて、ふたりの奇妙な生活が始まる…。ユーモアを滲ませ、民話を巧みにとりこんだ新しい小説世界。他に、異国での自由な自己表現を模索する女性留学生を描いた「ペルソナ」を併録。第108回芥川賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1993年の芥川賞作品「犬婿入り」と前年に芥川賞候補になった作品「ペルソナ」の2話が入っている。内容と言い文体と言い何しろ独自色の濃い作品で、いずれも似通ってないのも凄い。先日 全米図書賞を受けた「献灯使」とも異質な作品なので驚きました。不思議な作品を得意とする方ですね♪

  • 「ペルソナ」「犬婿入り」の二編入り。「ペルソナ」は多和田さんがまだポリフォニー作家という意識がなかったころだろうか。ドイツに留学している姉弟の生活のこまごまとした、けれどもとても大切な齟齬やこだわりについて綴られている。自分が同じような境遇だったら、すごくさみしいだろうと思った。小さくずれて、小さく落ちてちょっとだけ狂うだろうと思う。
    「犬婿入り」。
    これは多和田さんの作品におなじみの突き抜けておかしな人(もう人なのかも怪しい)てんこ盛りで面白すぎた。幕切れの電報、最高。

  • 『ペルソナ』と『犬婿入り』収録。
    どちらも静かで不穏な雰囲気を醸し出す筆致が素晴らしい!
    特に『犬婿入り』は不可思議で不穏な空気に満ちている。
    静謐な文章ながらその内容は強烈。
    だけどちっとも下卑た印象に倒れないのが不思議。
    読む人をがっちり掴んで最後まで引っ張ってしまう強い魅力がある。
    これは購入して何度も読み返すことに決めた!

  • 2月28日読了。図書館。

  • なるほど、あの辺りの感じですね。

  • 「ペルソナ」「犬婿入り」、2つのお話が入った短編集。ドイツに暮らす日本人姉弟のお話と、北村塾と太郎のお話。何の説明にもなってませんが、説明出来ないタイプのお話なのです。
    身体感覚的にとても面白かった。癖のある文章も物語も、頭ではなく身体で面白いと思った。
    とりあえずわたしは血や国籍やご近所のしがらみといった人間と人間の関わりからするりと抜け出そうとするかのような奇妙な物語たちが愛おしい。個体と個体の間にあるものは現実的に無視できないので、どうにかしようとするとどうしても奇妙になってしまうのではないか。わたしにはするりと抜け出したくて抜け出したくてたまらなくなる時がある。多和田葉子もきっとそう、だと思う。

  • 多和田葉子さん初めてでした。不思議な世界観。犬婿入りは芥川賞をとった作品だそうだ。

  • 好き。

    読んでいて何度か「読書たのしっ!」となる瞬間があったので、そういう本はやっぱり偉大だと思った。

    川上未映子が好きな作家、という先入観があったから好きになったのかもしれんけど、その先入観もひっくるめて好きになれる。

  • やはり芥川賞作品は、なんとも言えない読後感を残しますねぇ。(^^;)
    この方のシュールさもなかなかです。
    嫌いではないけど、こういう作品を読むときはある種のドス黒い“熱さ”みたいなものが腹の底にうずまいてないとしんどいね。
    陽気な元気ではなく、陰気な元気がないと読めないわ。ヾ(^◇^;)

  • (2010/10/09購入)(2010/10/10読了)

    芥川賞受賞作。
    文体は最近の作品の方が好み。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

多和田葉子(たわだ・ようこ)
小説家、詩人。1960年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。ハンブルク大学大学院修士課程修了。文学博士(チューリッヒ大学)。1982年よりドイツに在住し、日本語とドイツ語で作品を手がける。1991年『かかとを失くして』で群像新人文学賞、1993年『犬婿入り』で芥川賞、2000年『ヒナギクのお茶の場合』で泉鏡花文学賞、2002年『球形時間』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、2003年『容疑者の夜行列車』で伊藤整文学賞、谷崎潤一郎賞、2005年にゲーテ・メダル、2009年に早稲田大学坪内逍遙大賞、2011年『尼僧とキューピッドの弓』で紫式部文学賞、『雪の練習生』で野間文芸賞、2013年『雲をつかむ話』で読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2016年にドイツのクライスト賞を日本人で初めて受賞し、2018年『献灯使』で全米図書賞翻訳文学部門、2020年朝日賞など受賞多数。著書に『ゴットハルト鉄道』『飛魂』『エクソフォニー 母語の外へ出る旅』『旅をする裸の眼』『ボルドーの義兄』『地球にちりばめられて』『星に仄めかされて』などがある。

「2022年 『太陽諸島』 で使われていた紹介文から引用しています。」

多和田葉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×