私(わたし)は作中の人物である

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062064453

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <font color="#666666"><table style="width:75%;border:none;"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062064456/yorimichikan-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="image/noimage.gif" alt="私(わたし)は作中の人物である" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4062064456/yorimichikan-22" target="_blank">私(わたし)は作中の人物である</a><br />(1993/07)<br />清水 義範<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062064456/yorimichikan-22/ref=nosim/" target="_blank">商品詳細を見る</a></td></tr></table><blockquote><p><strong>小説の中の私とは一体誰のことなのか?異色の表題作のほか、「魚の名前」「とねちり」「全国まずいものマップ」等、待望の傑作短篇集。</strong></p></blockquote>
    まず著者がいちばん愉しんだのだろう。にんまりしながら書いている姿が思わず思い浮かぶほどである。多分にお遊び的というか、実験的なあれこれが詰まっている一冊である。表題作など、考え出したら切がなくなってしまう。</font>

  • いろいろ考えるものだ。特に「魚の名前」は良い。タイトル作も、作者ならではの視点。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1947年愛知県生まれ。愛知教育大学教育学部国語学科卒業。1981年『昭和御前試合』でデビュー。1986年『蕎麦ときしめん』が話題となり、独自のパスティーシュ文学を確立する。1988年『国語入試問題必勝法』で第9回吉川英治文学新人賞を受賞。2009年、名古屋文化の神髄紹介とユーモアあふれる作風により第62回中日文化賞受賞。『永遠のジャック&ベティ』『金鯱の夢』『虚構市立不条理中学校』『朦朧戦記』等著書多数。また西原理恵子との共著として『おもしろくても理科』『どうころんでも社会科』『いやでも楽しめる算数』『はじめてわかる国語』などがある。

「2021年 『MONEY 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水義範の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×