孟嘗君(2)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (13)
  • (9)
  • (18)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 109
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062066532

作品紹介・あらすじ

数奇なる運命の鮮やかな転変
送別の宴はおわった。夜明けまであまり時がない。夜具にはいった風洪、いや白圭が、ねむりに沈もうとしたとき、人のけはいがした。人のけはいは、足音をともなっていた。――翡媛か。部屋の空気がゆれた。そのゆれは白圭の夜具を浮かし、しなやかなものをすべりこませた。ことばはない。……しずかなたゆたいがつづいている。女ははげしいしあわせに襲われた。なにかがくだけたように感じた。が、そのくだけたものは惜しいわけでもなく、くだけたもののかわりになにかが明瞭にみえてきそうであった。――本文から

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第二弾
    秦での義弟公孫の出世、そしてかつての友である女の夫孫子を救出に、まだまだ先の長い展開か?
    風洪、改め白圭の活躍は
    今後の戦国時代の行く末にも関連

  • <図書館で借りた>

    宮城谷先生の他の作品と違って(←おそらく)、推理小説のような展開もみられて、めちゃくちゃ面白い!

    武人よりたくさんの商人が登場するのも面白い。

    富を再分配して人につくしたいと決心する主人公の視点と、農民を尊び商人を嫌う義弟の視点を通して、商売とはなんぞやというビジネス哲学を考えることもできる。

  • わしか。わしは一介の処士だが、いつの日が天下を制する、といってくれた人がいる。そ
    れを信じている変わり者よ。


  • 2008/7 再読

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

宮城谷昌光
1945(昭和20)年、愛知県蒲郡市生れ。早稲田大学文学部卒業。出版社勤務のかたわら立原正秋に師事し、創作を始める。91(平成3)年『天空の舟』で新田次郎文学賞、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。94年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞、2000年、第三回司馬遼太郎賞、01年『子産』で吉川英治文学賞、04年菊池寛賞を受賞。同年『宮城谷昌光全集』全21巻(文藝春秋)が完結した。他の著書に『奇貨居くべし』『三国志』『草原の風』『劉邦』『呉越春秋 湖底の城』など多数。

「2022年 『馬上の星 小説・馬援伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮城谷昌光の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×