ザ・ウィナーズ

  • 講談社
3.90
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062070782

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • エディー

  • レイカーズ黄金期とニックス黄金期のヘッドコーチ業を通じて、リーダーがどうやってチームを成長させていくのかを説いた本。
    真に成熟したチームになるために必要なプロセスをバスケとライリーの知人友人などを通じてわかりやすく解説している。
    途中途中に出てくるライリーの法則もためになるが、この本全体のストーリーが、チームを勝たせるためにどうするかという一本の軸からぶれていないのが、とても理解しやすくためになる。
    チャンピオンになるという明確な目標があり、それを通じてダイナスティを築いていくという目的がある。それを達成するために、躓きながらも明確なビジョンと課題解決法を持って突き進んでいく姿が、自分の中でのあるべきリーダー像とリンクする。

  • 読書の秋、ということで時間を作って本を一冊読んでました。
    昔の本(1997年だとさ)だけど、パットライリーの書いた「THE WINNERS」って本。

    題名に惹かれたからではなく、パットライリーが好きだったんで借りてきました。
    マジックジョンソンやカリームと一緒にLAレイカーズの黄金時代を築いた伝説的なヘッドコーチ・パットライリー、その後ニックスやヒートでも指揮を取ってたから名前くらいは聞いたことある人が多いと思います。3連覇することを表した「three-peat」って言葉を作り出したのも彼ですね。
    スポーツとIT、ジャンルは異なるけど、組織をまとめる立場の人が自分のチームをまとめ、勝ち続ける集団にする為には何を考えなければいけないか。結果を出すことを求められて、実際にその結果を出し続ける為にはどこに力を注いでいくべきなのか。その目標に至るまでにはどんな困難があるのか。スーパースターとそうでない選手と、価値観や扱われ方の違いをどうチームの武器に変えていくのか。
    「なるほどね」と思える部分が多々あって、勉強になりました。

    仮にも社会人としてお金を稼がなきゃいけない仕事をしているのだから、利益を出さずにいつも「すいません」なんて言ってちゃいけない。給料は同じかもしれないけど、俺が自分の組織にできることを考えて、貢献をして、別に自分以外の誰かでもできたことじゃなく、俺がいたからこうなった、て自己満でもいいから思えるようになりたいです。

    ただ、過大評価を求めるのはダメなんだって。この本によると。
    チームワークを尊重しなくなったら、勝てなくなる。崩壊する前兆だって。

    貢献に対して、評価して欲しいと思うのは当然だよね。できるようになれば、より評価して欲しくて(その動機は「もっと俺は好きに使えるお金が欲しいんだ」とかでもいいと思うけど)ステップアップを目指すのは悪いことじゃないと思います。でも、「俺はもっとできるのに上司はまるでわかっちゃいない」とか思うのは、多分自分が間違ってるんだと思う。
    上の立場の人から見て、大したこともしてない奴が「あんたが評価してくれないから上にいけない」なんて言ってても頼みたいとは思わないでしょ。

    あくまで動くのは個人個人だけど、結果を出す単位はチームであって、その集合としての会社であって。そこを意識した動き方、そこへの貢献て視野を持てなきゃ木を見て森を見ず、になっちゃうなってのを改めて感じました。

    昔の本でも、形としてこうして残ってくれている本があって、そこから学ぶことがたくさんあって。いい出会いになりました、とさ。

全3件中 1 - 3件を表示

野沢博史の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×