葡萄姫―千夜一夜物語

著者 :
  • 講談社
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (56ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062071963

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 販売するつもりで天野氏の作品を何冊か買った。
    この本だけは売らずに個人の蔵書にした。
    千夜一夜物語、アラビアンナイトの話と天野氏の作品が、似合い過ぎる。

    文章を作詞家の松本隆氏が書いている。
    1970〜1990年を
    青春期・朱夏として過ごしている私。
    松田聖子のファンでもある私。
    大人の絵本の蒐集家の私。
    この本は外せないのだ。

    絵本を含めて本の挿絵を書く挿絵家は沢山いるけど
    天野氏は
    世界に通用するお一人だと思っているし、世界中にファンがいる。
    同じ日本で簡単に氏の作品が手に入るのはラッキーだと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

松本 隆(まつもと たかし)
1968年東京都生まれ。彫刻家、古典彫刻技法研究家。専門:陶、ブロンズ彫刻制作。古代ギリシアの鋳造技法、ルネサンスの陶芸技法、金銅仏造像法研究。武蔵野美術大学造形学部卒業。奥多摩町立せせらぎの里美術館で個展、「アートビューイング西多摩2019―アートの地産地消」(東京)ほかに参加。I BRONZI DI RIACE studi e ricerche, Laruffa Editore, 2021 に論文五編を掲載。2014年、アジア鋳造技術史学会研究奨励賞受賞。現在、武蔵野美術大学、多摩美術大学非常勤講師。

「2021年 『ぺらぺらの彫刻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松本隆の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×