声の娼婦

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062073622

作品紹介・あらすじ

ただあなたの耳が欲しい。深夜、ひとり暮らしの男女をつなぐ電話。閉ざされていた女の心が変わりはじめた。現代の女たちを描く作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・「やっぱり振り込みにはしない。俺、結構楽しみなんです。大家さんに会うの」
    雛子は黙って須山の顔を見ていた。彼は高い位置から雛子を見下ろしながら言った。
    「楽しみっていうのは変かもしれないけど、俺、大家さんに会うと、姉の家を訪ねているような気分になるんです。なんていうのかなあ、怒らないでほしいんですが、勝手なことをして、糸が切れたような気分で生きている弟がいて、真面目に生きている姉がいるとします。俺、なんだか、ふっと思うんですよ。大家さんを見ていると、地面とつながっているなって。俺の姉もそうなんです。地面とつながっていて、ずっと田舎にいる。いつも俺に向かって言うんです。帰ってこんかい。帰ってこんかい。俺その声には参るけど、ほんとは懐かしい気分もするんです。もう帰る気がないからかもしれないけど、この家の玄関に立つと自然に、田舎の古い家にいる姉の顔が浮かんでくるんです」

    ・「もっと出かけたらいいんですよ。住人のことなんてほっといて。今度行きましょうよ。映画に。あ、ライブでもいい。ジャズが好きですか。ジャズが好きじゃなかったらロックでもいい」
    雛子は、行くとも行かぬともつかないあたりさわりのない言葉を返しながら、どこかで松井の声を聞いたような気分になる。
    ”僕はいやだな。なぜ冒険しないんです?まだ若いじゃないですか。行くところなんていくらでもあるでしょう。誘われたら素直に行ったらいいんですよ。身構えていつも損をしている。かたつむりのように殻の中から首を出したりひっこめたりしないで、もっとヌッとしていたらいいんだ”

    ・同時にその土地を長い間見続けていると、ショールームのような人工的な空間は、こんな土地にこそふさわしいような気分になる。一方には草まみれの土地、一方には土地の値段がつり上がっていくビルの街があって、どちらも荒れているといえば荒れているのだ。そう思うと、ばらばらになった動物の死骸も、ばらばらになった照明器具のパーツもひどく似通ったものに思われて、雛子は家で動物の骨を磨くときも、ショールームで照明器具のパーツを磨くときも、荒野を飾る似通ったものを磨いているような気分になる。形態が違うだけで本当は全部どこかでつながっているのだと思ったりもする。

  • まぁ良くある感じの本です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1950年生れ。『エンドレス・ワルツ』で女流文学賞、『声の娼婦』で平林賞、「海松」で川端賞、芸術選奨文部科学大臣賞、『半島へ』で谷崎賞、中日文化賞、親鸞賞受賞。2014年紫綬褒章受章。同年8月、逝去。

「2016年 『月兎耳の家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

稲葉真弓の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×