手塚治虫のブッダ―救われる言葉

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 18
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062073660

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブッダ自体を読んだ方が100倍いい。
    解説が浅く、心に入ってこない。

  • こころが洗われる。

  • 手塚治虫氏の作品「ブッダ」を読まれた方に向いています。
    作品内のポイントや要点がおさえられていて、マンガ「ブッダ」の読み直しにはもってこいかもしれません。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

昭和3年(1928年)11月3日生まれ。平成元年(1989年)2月9日没。勲三等瑞宝章叙勲。漫画の神様と呼ばれ、現代の漫画文化を築き上げた人物。代表作に『鉄腕アトム』や『ブラック・ジャック(1975年第4回に本漫画家協会賞特別優秀賞)』、『陽だまりの樹(1983年第29回小学館漫画賞)』、『アドルフに告ぐ(第10回講談社漫画賞一般部門)』など多数。

「2023年 『のろわれた手術 手塚治虫恐怖アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

手塚治虫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×