彼も人の子 ナポレオン―統率者の内側

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062073721

作品紹介・あらすじ

「不遇のときこそ、人は素顔を見せる」。世界史の中で最も強烈な光を放った男のこころを見つめる城山文学の新境地。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 城山三郎が書いた小説の中では、
    異質なものである。
    時の人を時代の中から描いていくという
    仕事を中心にしている。
    これまでは、日本人が中心であったが、
    まさかナポレオンに焦点を合わせるとは、
    驚きであった。

    ナポレオンの生涯は、ある意味では
    戦いにつぐ戦いであった。
    そして、ナポレオンのおかげで、
    300万人近い人が死んだという。
    人生の大半が、戦争であった。

    琉球には、大砲や小銃はもちろん、
    槍や弓をもたない。
    「それは戦争がないから」というホールの説明に、
    ナポレオンは「この太陽の下で、
    戦争を知らない人間がいようとは、
    とんでもない異例なこと」と仰天する。

    「不遇の時こそ、人は素顔を見せる。」
    「神の子、人の子、時代の子」
    といわれるナポレオン、人を寄せつけぬ風情で、
    とうざかっていく彼に追いすがり、
    「一体どういう人間なんだ」
    と両肩をつかんで、振り返らせたい。
    という強い趣旨による。

    機を見て集中する。勢いにのる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1927年、名古屋市生まれ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎える。57年『輸出』で文學界新人賞、59年『総会屋錦城』で直木賞を受賞。日本における経済小説の先駆者といわれる。『落日燃ゆ』『官僚たちの夏』『小説日本銀行』など著書多数。2007年永眠。

「2021年 『辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

城山三郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×