いな吉江戸暦 (大江戸神仙伝)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062073974

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小説を読んでいる感覚では無かった。紀行文のような感じ。

  • 数日前に予約したのに、読もうと思ったきっかけがもう思い出せない。
    「大江戸神仙伝」というキーワードを何かで知って、図書館にある本を探したら、これしかなく、ちょっと違うかもと思った記憶がある。
    「石川 英輔」では本を探していない。
    大抵の場合予約した日付をメモしているのに、それもないからかなり衝動的だったのだろう。
    あぁ〜〜〜、情けない。
    単なる小説じゃなく、タイムスリップをとおして、時代の比較をするのがポイント。
    最近は、Twitterから話題のツイートメールが届くし、Facebookのタイムラインでもたまに面白いことに引っかかる。
    検索の途中で見たのかもしれない・・・。

    読み始めたが、イマイチつまらない。

    2015/09/23頃 予約 2015/09/26 借りて読み始めるが少し読んで中止。

    内容と著者は

    内容 :
    今いる自分の世界から、百六十年前の過去の世界へ自分の体をタイムスリップできる洋介の珍無類な冒険譚。
    19世紀のまったくの異境であるロンドンと江戸の歌舞伎。
    二つの町を比べながら、人々の生活を伝える。

    著者 : 石川 英輔
    1933年京都府生まれ。国際基督教大学と東京都立大学理学部中退。
    ミカ製版株式会社取締役、武蔵野美術大学講師。
    著書に「大江戸えねるぎー事情」「大江戸テクノロジー事情」など。

全2件中 1 - 2件を表示

石川英輔の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×