エルミタージュ美術館 秘匿の名画

  • 講談社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062075992

作品紹介・あらすじ

エルミタージュ美術館の地下倉庫に眠っていた19‐20世紀のフランス絵画の巨匠たち。ドラクロワ、コロー、ドーミエ、クールベ、ファンタン=ラトゥール、マネ、ドガ、ルノワール、モネ、シスレー、ピサロ、セザンヌ、スーラ、シニャック、ゴーギャン、ファン・ゴッホ、トゥールーズ=ロートレック、ヴュイヤール、ピカソ、マルケ、ルオー、ドラン、マティス。1995年サンクト・ペテルブルクで公開された秘匿の名画展をここに再現。

著者プロフィール

1959年生まれ。東京大学文学部美術史学科、同大学院修士、博士課程修了。パリ第一大学芸術考古学研究所博士課程留学。博士(文学)。現在お茶の水女子大学基幹研究院人文科学系教授。専門はフランス近代美術史、フェミニズム美術史。主要著書・編著・論文に、『装飾/芸術―19-20世紀フランスにおける「芸術」の位相』(ブリュッケ、2001年)、「視覚『芸術』における身体―フェミニズムによる美術史の再検討」(竹村和子編、シリーズ ジェンダー研究のフロンティア第5巻『欲望・暴力のレジーム―揺らぐ表象/格闘する理論』作品社、2008年)、『西洋近代の都市と芸術3 パリII』(竹林舎、2015年)ほか。展覧会企画として「マティス」(国立西洋美術館、2004年)など。

「2017年 『現代アート10講』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天野知香の作品

エルミタージュ美術館 秘匿の名画を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×