クリスマス・ボックス

  • 講談社
3.57
  • (25)
  • (30)
  • (54)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 254
感想 : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062076968

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 古い洋館に住む未亡人のもとに、若い夫婦が住み込みでやってくる。そこで見つけた美しいクリスマスボックス、そして未亡人の隠された悲しい過去…。
    書店に勤め始めた年の初めてのクリスマスに、たくさん売った本であり、当時の自分にクリプレとして買ったということもあり、とても思い出深い一冊である。
    クリスマスらしい素敵な装丁、そして悲しくも美しい物語展開。この一冊で十分うるうるくるのだが、まだ物語の序章にすぎない、ということは第2部、第3部を読むとよくわかる。是非3部作まとめて読んでいただきたい、珠玉の名作。

  • さらっと読める感じの本。クリスマスの奇跡を通して家族の大切さを描いている。大切な気持ちは一人、また一人とバトンを渡していきたいなぁ。と心温まる気持ちにさせてくれる。

  • ソルトレイクシティにある、
    ヴィクトリア朝風の館に住むことになった、
    若い家族と老婦人。
    すぐに打ち解け合ったが、
    老婦人には女性にとって最も悲しい過去が。
    クリスマスボックスの中にあった手紙が、
    若いパパを導き、
    御子が与えられた意味を知らせる。
    そして今この時、自分の子供を愛する事は宝物であると知る。

  • 時節に合わせて読もうと借りてきていたものの積んでた。
    とりあえず12月中に読めたから良しとしましょう。

    著者が私的に作った20部のコピーがたくさんの人に読まれたので、出版社に持ち込みするも相手にされず、自分で出版して口コミブレイク。今度は大手の出版社から声かけられてベストセラー、という、夢のある経緯をたどったクリスマスのお話。

    タイトルにもある"箱"がキーワード。
    お話としてはありがちではあるのですが、こうしてみると箱って人を哲学者にさせるのかもしれません。
    何も入っていないけど、満たされている。

    ミステリ読みは密室と言う箱が大好きだし、開かずの金庫は多分空だとわかっていても開けたくなってしまう。
    素敵な物が入ったプレゼントは大歓迎。

    ……なーんてことを思いました。
    作中に出てくる手紙の部分が臙脂色のインクに色変えてあって素敵です。
    何でもそうだけど、臙脂、深緑、紺、ダークブラウンあたりはクラシックな印象で落ち着く。

    装幀 / 川上 成夫
    造本 / こやまたかこ
    原題 / "THE CHRISTMAS BOX"(1993)

  • <THE CHRISTMAS BOX>
     
    装幀・造本/川上成夫、こやまたかこ

  • 4-06-207696-9 142p 1995.12.1 1刷
    ○正直なところ、よくわからない。
    聖書が出てくるので内容を知ってたらわかるのかもしれない。

  • とてもステキなお話でした。
    子供の小さい頃なんてすぐに過ぎてしまうのだから、その今を大切にしなさい。と父親に悟らせるお話。
    でもどうしてクリスマスボックスが空でないといけないんだろうか?
    空のボックスには愛を詰めなさいってことなのかな?
    でも図書館でいつも気になってた本がこんなステキな本だったなんて感激です。

  • ほんわか、でも、考えさせられるお話。

  • 図書館で借りてきたものの、なかなか手が伸びず、とりあえず最初だけ読んでみて合わなければ返却しよう…と読み始めました。
    あっという間に読了、温かい涙が止まりません。
    アメリカにありがちな本かな、と思っていましたが、シンプルだからこそ、いい意味で万人受けする「真理」のメッセージ。
    クリスマスに限らず、通年を通して感動できる1冊。出逢えてよかったです。

  • 素朴だけどじわっと暖かくなる一冊。
    大切なのは物ではなく、心だよねーというような。
    人間同士の思いやりがぎゅっとつまってます。
    文化の背景が異なるので、完全には同意できない箇所もなきにしも…と、水差すのはやめておこう。

全37件中 1 - 10件を表示

笹野洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ポー...
オグ マンディー...
アレックス・ロビ...
アレックス シア...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×