介子推

著者 :
  • 講談社
3.63
  • (8)
  • (7)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 93
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (427ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062077507

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こんな人になりたい。宮沢賢治の、雨ニモ負ケズを連想した一冊だった。こういう人好きだな。

  • 介子推が中国人に慕われている理由もわかる。作者の思い入れもわかる。でも何故か好きになれないんだよね。

  • 2008/7 再読

  • 宮城谷作品の中でも最も思い入れのある本。何故だかものすごく泣いた。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

宮城谷昌光
1945(昭和20)年、愛知県蒲郡市生れ。早稲田大学文学部卒業。出版社勤務のかたわら立原正秋に師事し、創作を始める。91(平成3)年『天空の舟』で新田次郎文学賞、『夏姫春秋』で直木賞を受賞。94年、『重耳』で芸術選奨文部大臣賞、2000年、第三回司馬遼太郎賞、01年『子産』で吉川英治文学賞、04年菊池寛賞を受賞。同年『宮城谷昌光全集』全21巻(文藝春秋)が完結した。他の著書に『奇貨居くべし』『三国志』『草原の風』『劉邦』『呉越春秋 湖底の城』など多数。

「2022年 『馬上の星 小説・馬援伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮城谷昌光の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×