青い緑の星―21世紀を生きる人のために

  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062078160

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 桃井和馬著「青い緑の星」講談社(1995)
    *森を約地中火。カリマンタン島の地中には莫大な量の石炭が眠っている。木の伐採が進み森が水のタンクとしての機能を失ってしまった所に焼き畑で放たれて火が石炭層にうつった。すでに13年以上にわたって燃え続けているこの森の火の消し方はまだ分からない
    *人間が穀物1キロの食事をして得られる同量のエネルギーを鶏肉で取るとしたら、単純なエネルギー量の比較では、鶏を育て、穀物1キロ当たりと同量のエネルギーをつくりだすには2キロの穀物が必要になります。これが豚肉の場合は4キロ、牛肉ではなんと8キロになります。
    *破壊される地球環境の状況はすべて人間の意思や思考、心から発生している事柄です。そして、これらを司る人間の器官が脳です。人間が使っているのは脳全体の2%ほどでしかありません。個々で考えたい事は残りの98%の脳をもっと創造力を働かせ、他人の痛みを理解する努力をし、自然と共生する道を探し出す必要があるのではないだろうかということです。

  • 748//

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

話題の女性を写真集クオリティとボリュームで特集するバズガールマガジン、WHITEgraph。007号のテーマは夢・dream。

「2021年 『WHITE graph 007』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青い緑の星―21世紀を生きる人のためにを本棚に登録しているひと

ツイートする
×