料理、ときどき旅。おみやげはレシピ。―21のおいしい食卓

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 10
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062078290

作品紹介・あらすじ

料理を愛する人は、旅も好き。今日のランチは、野菜たっぷりのイタリア・トスカーナ風。夜は、庶民派のベトナム料理、下町の食堂スタイルで。明日の朝は、京都の宿のようにしっとりした和風。…旅する気分で料理を作り、食卓をコーディネートしましょう。さあ、有元葉子と一緒に、BON VOYAGE!有元葉子のセンスの秘密が詰まっています。料理と旅の好きなあなたに、とびきりのおいしい一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 目を通すには楽しい。じゃこれを作ろう、というのはあまりないかな・・・。17 Oct 2006

  • 図書館でひと月に1度のペースで借りている本。料理の本としてだけではなく、装丁やデザイン、写真の感じもとても気に入っていいて、手に取るたびにとてもいい気分にさせてくれる本。ワタシにとっては料理本というより読み物的本です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

イタリア料理や和食はもちろん、おいしくて美しく、野菜をたっぷりとれるレシピで定評のある料理家。インテリアや暮らしのスタイルにもファンが多く、雑誌やテレビ、お料理教室などその活躍の場は多岐に及ぶ。使い勝手をとことん追求したキッチン・ツール「ラ・バーゼ」を提案、またセレクトショップ「shop281」も好評。『料理は食材探しから』(東京書籍)でグルマン世界料理本大賞・食の紀行部門でグランプリ受賞。『レシピを見ないで、作れるようになりましょう』(SBクリエイティブ)は料理で大切なのは手順ではなく食材や原則を知っておくことであると説き、多くの賛同を得た。『だれも教えなかった料理のコツ』『1回作れば3度おいしい作りおきレシピ』『有元葉子の台所術』(以上、筑摩書房)、『はじめが肝心 有元葉子の「下ごしらえ」』(文化出版局)などたくさんの著書がある。http://www.arimotoyoko.com

「2022年 『有元葉子の冷凍術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有元葉子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×