雪蛍

著者 :
  • 講談社
3.07
  • (0)
  • (6)
  • (21)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 98
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062079983

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • that's ハードボイルドっていうか。
    恐らく続きものなんだろうけど、前作を読んだかどうかも分からず。とはいえこの主人公は続くだけあってなかなかに魅力的で、強さも弱さも兼ね備える、的な。あとは地道さがね、好きなのよね。ラストへの持ってき方も、ちゃんちゃん、てな終わりじゃないから好みが割れそうだけど、これはこれで好きよ。
    ていうかクララちゃんはどうしたんよ!ってなるくらい女っ気がないのがまた痺れる。濡れ場はあって悪いもんじゃないけど、全くないのも良いのよね。

  • 最初の2〜30ページは、読み進むのが辛い。
    が、半分ぐらい読むと、後は一気呵成か。
    シリーズ物なので、やはり順番に読んでいくほうが。

  • 失踪調査人・佐久間公シリーズ第5弾

  • 失踪者探しをしたり、クスリ中毒の更生施設をやってみたり、
    主人公の方はお忙しいのです。
    最近、mitiにしっくりくるご本を読んでないのです。しくしく。

  • 未読で返却

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1956年愛知県生まれ。慶應義塾大学中退。79年『感傷の街角』で第1回小説推理新人賞を受賞しデビュー。91年『新宿鮫』で第12回吉川英治文学新人賞および第44回日本推理作家協会賞、94年『無間人形』で第110回直木賞、2004年『パンドラ・アイランド』で第17回柴田錬三郎賞、10年第14回日本ミステリー文学大賞、14年『海と月の迷路』で第48回吉川英治文学賞を受賞。

「2021年 『爆身』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大沢在昌の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×