ムーミン童話の百科事典

著者 :
制作 : 高橋 静男「ムーミンゼミ」 
  • 講談社
3.95
  • (22)
  • (14)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 165
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062079990

作品紹介・あらすじ

スナフキン、ミイ、ムーミントロール、はい虫……。ムーミン童話には、独特の個性の自由人たちがあふれています。知れば知るほどもっと調べたくなるムーミン童話の世界――。おとなから子どもまで、すべてのムーミンファン待望の事典!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 知らなかったことがたくさんのっていました。「正しくは…」というのが多く、こんなに訳が違うんだ!という感じです。ヤンソンさんのことについても知れて楽しかったです。普通に最初から読むのがおすすめです。

  • ムーミン好きにはたまらない本。ひとつひとつの項目ごとに惹きつけられます。ムーミンの世界観を深く理解でき、もっと好きになります。

  • ムーミンオタクにぜひ。

  • ムーミン童話をこよなく愛する人が作ったと思われる、愛情あふれる内容の「事典」。
    登場人物、物語の解説をはじめ、ムーミン屋敷の間取り図や、植物の分類表、名言集まである!
    ムーミン好きにはたまらないかも…

    一旦は図書館で借りて拾い読みはしたものの、やっぱり欲しくなってAmazonで注文しちゃいました(笑)

  • パッと開いたページの項目を拾い読みするのが楽しみ。

  • 図書館から借りたあと、たまらず購入。
    ムーミン谷からは 出られそうもありません。

  • ムーミン好きの人たちがつくった労作。
    たのしい作業だったことでしょう。
    自分でも事典をつくりたくなります。

    最低限、講談社文庫のムーミンシリーズを全巻いちどは読んでいることがたのしめることの条件となるでしょう。

    分量的にはそうたいしたことはないので思い出しながら一から読み通すのがよいでしょう。

    その後は忘れたときの確認用資料となってくれるでしょう。

  • ■文字通り百科事典ですからね■
    読んでいくうちにムーミンに関する楽しい豆知識が身につくという形式の本じゃなくて、ほんとに事典。「あ」から順番に並んでます。
    普通の解説としては冒頭にムーミン著者の紹介があります。

    使い方としては
    1. ムーミンの物語を一通り読んで、この事典で項目を見て「ああそうだったな」ほっこりする。
    2. ムーミン全八話のあらすじもそれぞれ項目として載ってますので、先に読むのも良し。

    基本的には一般向けの本というよりは、ファンが多数参加した「ゼミ」の活動報告としての記念出版。

  • 開きもしないで財産はたいて買った中学時代の自分にもびっくりですが、大人になってからもう一回読んでみてスナフキンの項目の長さに、編者さんの愛を感じました(?)。

    ムーミンについて、思い出せない事があるときお世話になっております。
    まさに辞典として正しい使い道。

  • ありえないくらい細かい

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

渡部翠 日本・フィンランド文学協会副会長。長きにわたり、夫でフィンランド文学の権威として知られる故・高橋静男氏とともに、フィンランド文学の研究と紹介につとめてきた。おもな訳書に、ユリヨ・コッコ著『羽根をなくした妖精』(晶文社)、トペリウス著『星のひとみ』(集英社)、トーベ・ヤンソン著『少女ソフィアの夏』、ムーミン絵本『さびしがりやのクニット』『ムーミンママのお料理の本』『ムーミン谷の名言集』『ちびのミイの名言集』『ムーミンやしきはひみつのにおい』(以上講談社)等の数多くの翻訳、監修を手がけている。

「2016年 『オンネリとアンネリのふゆ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡部翠の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×