地と潮の王

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062080156

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • うーーん。あんまり後味良くない終わり方だけども。なんか駆け足ぎみに終わってしまったのが残念だ。しかもせっかく連れてきたミオが物語が終わってすぐ死んでしまうらしいところもなんか救われないなと思ってしまう。
    ところどころ読みづらいところがあった。サルがもっと野生児なのかな?と思ったら意外と敬語とか使ってんん?となった。
    日本を治める皇女がいて、その人には弟がいて二人は結ばれていて、というところと鴉が道案内するところはなんとなく空色勾玉を思い出す。古代を描くとやっぱりモチーフが似てきてしまうのかもね。空色勾玉の方が先みたい。
    作者さんは先日お亡くなりになられたそうです。たくさんの物語をありがとうございました。

  • 最後のしりつぼみ感と海神の姫の娘ナギサの報われなさが心残り。
    サルは自分の妹とは結婚出来ないと言い張ったが、父であるタカネヒコとその実姉との関係に全く言及しないのが気になった。
    でも古代の日本ファンタジーは好きです。

  • 神話を題材にした作品。
    けれどもクニや人の名前を独自のものにしているし、快活な冒険譚に仕上げていて読みやすかったです。
    不思議なこともたくさん起って楽しいし!
    あめのとりふね、塩土の爺なんか、素敵!

    卑弥呼、海幸山幸、タマヨリ姫、浦島太郎などのお話がベース。
    読んでよかった!

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

末吉暁子・作:神奈川県生まれ。児童図書の編集者を経て、創作活動に入る。『星に帰った少女』(偕成社)で、日本児童文学者協会新人賞、日本児童文芸家協会新人賞受賞。『ママの黄色い子象』(講談社)で、野間児童文芸賞受賞。『雨ふり花 さいた』(偕成社)で、小学館児童出版文化賞受賞。『赤い髪のミウ』で産経児童出版文化賞フジテレビ賞受賞。シリーズ作品に「ざわざわ森のがんこちゃん」(講談社)、「きょうりゅうほねほねくん」「くいしんぼうチップ」(ともにあかね書房)など多数がある。

「2015年 『ぞくぞく村のランプの精ジンジン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末吉暁子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×