蜃気楼

著者 :
  • 講談社
3.19
  • (2)
  • (1)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 55
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062080873

作品紹介・あらすじ

名探偵・浅見光彦、最新書下ろし長編
海のかなたに浮かぶ泡沫(うたかた)の夢、蜃気楼。越中富山の薬売りは、なぜ舞鶴で殺されたのか?感動をよぶ、文芸ミステリー第4弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 浅見光彦の公式第73事件
    公式第1事件の「後鳥羽伝説殺人事件」にレビュー

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京都出身、現在は軽井沢に在住。1980年、『死者の木霊』でデビュー。82年には浅見光彦が初登場する『後鳥羽伝説殺人事件』を上梓。以来、日本人の心の琴線に触れるミステリーを書き続けている。07年、全著作累計が一億冊突破。08年、第11回日本ミステリー文学大賞受賞。

「2022年 『日蓮伝説殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内田康夫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×