百人百句

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062082228

作品紹介・あらすじ

百人の俳人が命をかけた日本語の豊かなきらめきがここにある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本を買ってから、10年余経過してやっと読み終えました。
    寝る前や暇なのでチョッと読むには適していないし、持ち歩くには重く、読むにはやはりそれなりの覚悟を決めてから読むようにしていましたら、積読状態が長く続き10年余の年月が経過していました。
    内容的にはそれなりの重厚さと新しい発見と楽しさが同居しています。

    「折々のうた」の大岡信が編んだ過去から現在までの代表的な100人の俳人とその代表句のアンソロジー。
    現代は昔のように勅撰集は作られていないが、それに匹敵する作業を試みたのが「折々のうた」であり、俳句なら本著の「百人百句」がそれに当たるのではないだろうか。

    この本では俳句の鑑賞と俳人への理解と合わせて、日本語の美しさ、しなやかさ、豊かさ、鋭利さを味わう事が出来る。
    現代の藤原俊成・定家である大岡信にして出来た名著だと思います。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1931(昭和6)年、三島市生まれ。詩人。歌人大岡博の長男。父と窪田空穂の影響で、沼津中学時代に作歌・詩作を行う。一高文科から東大国文科卒業。在学中に「現代文学」、卒業後「櫂」に参加し、「シュルレアリスム研究会」「鰐」を結成。読売新聞外報部勤務を経て、明治大学・東京芸術大学の教授をつとめた。詩と批評を中心とした多様な精神活動を行い、また連歌から発展させた連詩を外国人とも試みている。日本芸術院会員。
詩集―「記憶と現在」「春 少女に」「ぬばたまの夜、天の掃除器せまつてくる」「旅みやげ にしひがし」「丘のうなじ」など。
著書―「折々のうた」「新折々のうた」など多数。

「2016年 『折々のうた 春夏秋冬・冬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大岡信の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×