真理のひびき-天風哲人新箴言註釈

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (4)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062082631

作品紹介・あらすじ

哲人天風最後の感動の教え。胸に迫る朱玉の一言一句「いのちの力」が新たに甦る。真の幸福は現在感謝を実行する謙虚の心から期せずして招来される(箴言25)――本文より


哲人天風最後の感動の教え
胸に迫る朱玉の一言一句「いのちの力」が新たに甦る

真の幸福は現在感謝を実行する謙虚の心から期せずして招来される(箴言25)――本文より

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 12/2/25
    横山 成人
    今日の飲み会でお会いしたクレドの鈴木社長より中村天風先生の書籍を紹介して頂きました。早速、購入

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

明治9年(1876年)生まれ。日露戦争の時に軍事スパイとして従事。終戦後結核を発病し心身ともに弱くなったことから人生を深く考えるようになり、人生の真理を求めて欧米を遍歴。 一流の哲学者、宗教家を訪ねるが望む答えを得られず、失意のなか帰国を決意。その帰路ヨーガの聖者と出会いヒマラヤの麓で指導を受け、「自分は大宇宙の力と結びついている強い存在だ」という真理を悟ることで、病を克服し運命を切り拓く。帰国後は実業界で活躍するが、大正8年(1919年)、病や煩悩や貧困などに悩まされている人々を救おうと、自らの体験から“人間のいのち”の本来の在り方を研究、「心身統一法」を創見し講演活動を開始。その波乱の半生から得た「人生成功の哲学」は、触れる者をたちまち魅了し、皇族、政財界の重鎮をはじめ各界の頂点を極めた幾多の人々が「生涯の師」として心服した。昭和43年(1968年)没後も、天風門人となる者が後を絶たない。

「2022年 『真理のひびき 天風哲人 新箴言註釈』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村天風の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トニー・ブザン
スペンサー ジョ...
パラマハンサ・ヨ...
デール カーネギ...
中村 天風
ウォルター・アイ...
ジェームズ アレ...
デールカーネギ...
ハロルド・ジェニ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×