大人問題

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (7)
  • (6)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 99
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062082754

作品紹介・あらすじ

子どもにとって「大人は有害である。」子ども環境における大人有害論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 素晴らしい1冊

  • 五味太郎氏は面白い。
    何か所も「はは!」と笑ってしまった。
    おおらかに、とらわれずに生きたい。
    好きを伸ばす時代だと思う。

  • 再読。五味さんなんとなくロックな感じ。カッコいい。耳に痛いことも心地よい。

  • やさしそうでいじわるです、とか、ほとんどサウンド・オブ・ミュージックの世界です、とか、もしかしたら消した直後にトナカイが通ったかもね…なんてユーモアにイチコロ。「そうだそうだあ」って一緒に怒るんじゃなくて、もっと余裕を持って、目を開かせてくれる本。続編もしかり。

  • 大人よりも子どもの方が正しい事って多いと思うんですが、大人ってなんやかんや理由をつけて自分の正しさを屁理屈でもって押し通してしまって、それを見て育つ子どもたちは屁理屈が上手な大人になってしまってと。今、現在、子どもたちの問題だと思われているものは、まさしく大人たちの問題であるのですよ。

  • 2011/01/09 とにかくこどもにいろいろな思い込みを押し付けるな、ということか。挿絵が多い

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1945年、東京生まれ。
工業デザインの世界から絵本の創作活動にはいり、ユニークな作品を数多く発表。子どもからおとなまで、幅広いファンを持つ。著作は350冊をこえ、多くの絵本が世界各国で翻訳されている。代表作に『きんぎょがにげた』『みんなうんち』『言葉図鑑』『さる・るるる』などがある。

「2023年 『とんで やすんで かんがえて…』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×