維新前夜

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062084833

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • タイトルの通り、明治維新前の幕末が舞台で、日柳燕石などマイナーともいえる人物を含めた5人を描いている。幕臣の阿部正弘の人となりなどは意外で、こんな人がいたのかと驚きました。

  • 明治維新以前の5人(阿部正弘、メリケンお吉、桂小五郎、近藤勇、日柳燕石)の物語。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

童門冬二(どうもん・ふゆじ)1927年生まれ。79年東京都庁を退職、本格的な作家活動へ入る。99年に勲三等瑞宝章授章。ベストセラーとなった『上杉鷹山』など、在職中の経験を踏まえ、組織と人間の関わりを歴史の中に見出す手法で数多くの小説を手がける。

「2022年 『家康、人づかいの技術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

童門冬二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×