海の時計〈上〉

  • 11人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤堂志津子
  • 講談社 (1997年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062085311

海の時計〈上〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 幻冬舎文庫で出ている方で読んだのだけど、それが出てこないのでとりあえずこちらで。
    (07/04/29)

  • 小説。主人公・水穂の、祖母、母、姉との関わり、そして出奔した祖父、離婚した父、母の再婚予定相手・その息子、姉の別居中の夫・夫の恋人、と多彩な顔ぶれで、まるで障害物レースのように、誰もが自分の思惑を優位に立たせたいと頑張る、波乱万丈な物語。駆け引き、計算でつづられる、母子・姉妹の心理描写では、かなり細かく描かれていて今後が大いに気になる。個々の性格から展開する成り行きには、まるで実話でも見聞きしているようなリアルさ。起承転結がある物語ではなく、それぞれが勝手に生きている。あまりにも勝手すぎて、どうなるのか先が思いやられる。

全2件中 1 - 2件を表示

海の時計〈上〉のその他の作品

海の時計(上) Kindle版 海の時計(上) 藤堂志津子

藤堂志津子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

海の時計〈上〉はこんな本です

海の時計〈上〉を本棚に登録しているひと

ツイートする