海の時計〈下〉

著者 :
  • 講談社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062085328

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • おばあちゃんみたいにでっかい人になりたいなぁ、と思った(おばあちゃんだっていろいろあって、孫からみたらでっかく見えたっていうだけだけれども)。
    親子の関係っていうのは難しいもんだって改めて思う。自分が嫌いって思う母であっても、他人から見れば魅力的に見える…こんなような言葉が印象的だったな。
    (07/05/01)

  • 小説。上巻で提起された分からなかった部分が、下巻のなんともいいタイミングのところでそれに相応しい形で解き明かされるのが、まるで雪解けを思わせた。なぜ父と母が離婚したか、祖父はどんな人だったのか、祖母が口にしなかった希望…。この巻から登場する人物や活躍する人物が、主人公の助けになる役割をこなしてくれることに、なんとなく安心して頁をめくることが出来た。死ぬまで人生は終わらないんだな、と思うストーリーの終わり方からは、これから主人公がどう進むか分からないけれど、きっといい方向に向かうだろうな、と思う周りの優しさがいい余韻を与えてくれる。

全2件中 1 - 2件を表示

藤堂志津子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×