クラッシュ・ゲーム

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062085533

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【2004.02.24.Tue】
    女性損害調査官・片倉美津子が様々な危険に遭遇しながらも、凶悪な保険金詐欺の犯罪組織に迫ってゆく。首謀者はかつて愛していた男だった。専門的な内容が多く、少しわかりにくい部分もあったが、保険業界の仕組みを知ることが出来た。登場人物それぞれのキャラクターが文章にいい味を出している。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1950年岩手県生まれ。ミステリー短編「現場痕」でデビュー。第三回北東文芸賞受賞。著書に『種の終焉 The Killer Virus 殺人菌』『クラッシュ・ゲーム』『種の復活』『戒厳令1999』『種の起源 The Origin of Species』『闇の殺戮者』『呪葬』『白兵』『火炎都市』『現場痕』『鬼哭青山遥かなり』『吸血蟲』『死霊列車』『異郷の夏』など。

「2018年 『謀略軌道 新幹線最終指令』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北上秋彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×