文章作法 小説の書き方

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062085977

作品紹介・あらすじ

直木賞作家、伊藤桂一の体験的小説の書き方。小説の構想はどうたてるのか?小説の取材の要諦は?成功作と失敗作の分岐点は?小説講座18年、新人育ての名手が、実作者としての体験を披露して綴るプロ作家への確かな道。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 導入部では講師時代の生徒に対する厳しい視線が「かてぇオヤジやな」という印象があったが、犬好きであるとか司馬遼太郎と同人だったなどのエピソードを知ると、親近感が湧き、アドバイスも素直に入ってきたのは少し騙された気もする。
    「対象と距離を取る」「務めて短く」「小説はもともと説明と描写と会話のバランス」など非常に勉強になった。
    著者の戦場ものの小説も読んでみたい。

  • 35543

  • 作者が何故物を書くのか、前半部の内容が重いが、作者の人となりに興味がわいた。

    私小説の狆のお話は、私小説と紹介されながらも、ずんと話にのめり込んでしまった。面白い。

    とにかく、「文章開眼」のひと言に尽きるようである。書けるだけ、うんと、いやっていうほど、もう趣味ではなく日課として、文章を書けということだな。書いて書いて書きまくった末に、開眼できるのか<●><●>ペカー 

    伊藤氏のお言葉を信じて書きまくり、読みまくるほかない。

  • 1890<BR>
    2005/6/13

全3件中 1 - 3件を表示

伊藤桂一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×