複雑系による科学革命

  • 講談社
3.50
  • (2)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062086776

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 個人的に,ゲーデルの不完全性定理とチューリングマシンの論文を先に読んでおけばよかったと思った.
    本書でも軽く説明しているけど,置いてけぼり感があったので個人的に.

    第4章と第5章が自分に関係があったのでそこが一番面白いかと.
    ちょっと出版年数が古いが複雑系を深く知るには良い書籍かもしれない.
    入門にしてはちょっと敷居が高いかも?
    ある程度知ってる人向けってことで.


    個人的メモ
    ティエラ・シュガースケイプ・DNAコンピュータ・遺伝コード

  • 複雑系という学問の最新(その当時の)レポート
    を集めた本です

    内容は興味深いのですが

    理解出来たような、出来てないような…
    話の前提が多いからなんやらよくわからんっす

    頭の体操にはなりますよ

  • わー
    よんだ。
    わすれた。

全3件中 1 - 3件を表示

ジョン・L.キャスティの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イアン・エアーズ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×