ミーム―心を操るウイルス

  • 講談社
3.75
  • (4)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062087377

作品紹介・あらすじ

こころをゲット!売れる商品、効果を上げる広告、人を魅惑するスピーチ、大衆を動員できるイベント、浮動票を獲得する選挙…、これらの成功の秘密は、すべて「ミーム」力にある。新パラダイムが起こす意識革命。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 03005

    遺伝子が自らを増殖させるために人間を操る。そのスイッチの役割を果たすのが「ミーム」ということだろうか。小はセールスマンのテクニックから大はマスメディアや政治、そして宗教まで、人間を動かす動機となるものにはすべてミームが関わっていると著者は言う。ユーモアも随所に。

  • 生物の身体が遺伝子にプログラムされているように、
    文明もミーム(模倣子)にプログラムされていると考えたら、
    色々と辻褄が合うんじゃないの、という本。

    利己的遺伝子から生まれたミーム学は、
    人間のマインドに対して新しい視座を与えてくれる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1981年にハーバード大学を中退してマイクロソフト社に入社。Microsoft Wordの初代開発責任者、ビル・ゲイツ直属の技術アシスタント。同社からの独立後は、米国の人気トーク番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」を含む様々なテレビ番組やラジオに出演。その他、プロのポーカープレイヤーとして世界最高峰のトーナメント「ワールドシリーズ・オブ・ポーカー」をはじめとした数々の大会にも出場するなど、自分の「人生の目的」に沿って、活躍の場を自由自在に広げている。

「2022年 『Microsoft Wordを開発した伝説のプログラマーが発見した「やりたいことの見つけ方」がすごい!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

リチャード・ブロディの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×