複雑系の知―二十一世紀に求められる七つの知

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (6)
  • (8)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062087629

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・複雑なものには、こころが宿る
    ・「病は福音なり」
    ・社会に生じる問題とは、社会という一つの生命体が、さらに進化を遂げようとして、自ら生み出す肯定的な意味を持った現象にほかならない。

  • 田坂広志氏の講演を一度だけ聞いたことがあり、それ以来のファン。

    難しい内容だったが「知を語るには自分の血肉にしてから自分の言葉で」というような結論だと思う。

    今まで田坂氏は実業、コンサルの世界の人だと思っていたが、思想、哲学の世界での人でもあったことが分かり驚いた。
    どちらかといえば「知」の人だった。

  • もうすっかり古くなったが、
    昔、「複雑系」という言葉が大流行した。
    複雑な世の中を読み解こうということからだった。
    詩人の目、科学者の目というようにまさに、その視線
    でみた「複雑系」の紹介本

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

シンクタンク・ソフィアバンク代表

「2022年 『成長の技法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田坂広志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ジェームス W....
田坂 広志(たさ...
ヴィクトール・E...
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×