精神科医という生活

著者 :
  • 講談社
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062088404

作品紹介・あらすじ

人は心をなごませ、心をときめかせ、日々を生きる。いつもと逆方向の電車に乗りたくなる朝もある。「裸の自分」に戻れる場所がほしい…。何のために、誰のために生きるのではなく自分が楽しく生きるための「いつもの精神科医」の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 914.6

  • 精神科医と書かれると精神病のひとの話かと思うが、そういった内容はまったくでてこない。タイトル通り、精神科医の日常をつらつらと書かれている。中年になり、中年とは何かを自問自答しながらのエッセイや、家族との何気ないやりとりなどが描かれている。

  • 2007/10 読。

全3件中 1 - 3件を表示

大平健の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×