瑠奈子のキッチン

著者 :
  • 講談社
1.80
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 21
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062088565

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 悪徳セールスの実習講座みたいなものから始まり、延々とディスポーザーうんたらの説明。結構です>< いいから帰れ!
    美形登場で惚れっぽい主婦の主人公・・・さらに昔のアイドルデュオ。ピーナッツのパクリかw
    超能力に最後は都市伝説みたいなのも出てきて呆気。 小学生向けのお粗末な展開。つまらない。

  • なんかあまり現実感がない小説でした。浮気して後悔しているけれど、しなければ後悔もできなかったから、してよかったんだ。とか、本当意味不明でした。

  • 2倍くらいの長さで各エピソードをもっと書き込んであれば更に良かっただろうに・・・という物足りなさがある。下水道という題材は面白い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九六〇年、石川県生まれ。会社勤務を経て作家になる。八九年『異次元カフェテラス』を刊行。九一年「バルーン・タウンの殺人」でハヤカワSFコンテストに入選。主な著書に「ニャン氏の事件簿」シリーズ、『おせっかい』『ピピネラ』『九月の恋と出会うまで』『嵐の湯へようこそ!』など。

「2022年 『おいしい旅 初めて編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松尾由美の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×