新聞が面白くない理由

著者 :
  • 講談社
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062088572

作品紹介・あらすじ

官公庁と癒着関係を続ける「記者クラブ」の腐敗を暴く。オンブズマンの告発まで、新聞が「官官接待」報道をできなかった理由。現状の「記者クラブ」は、なぜ「権力の監視機関」たりえないか。新聞界の雄「株式会社朝日新聞社」の抱える内憂外患。衰退一途の日本の新聞ジャーナリズム。その健全化と活性化の条件。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  約10年前でも新聞の内部はひどかったのだから、現在はネットの普及もあってもっと状況は厳しいものになっているでしょう。情報の受け取る側も自分の趣味志向に合ったものを優先して能動的に情報を得る方向に向かっているのだから、もう新聞のようなメディアは時代遅れ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1955年、和歌山県生まれ。ジャーナリスト。
2004年、『年金大崩壊』『年金の悲劇』(ともに講談社)により講談社ノンフィクション賞を受賞。
また、同年「文藝春秋」に掲載した「伏魔殿社会保険庁を解体せよ」によって文藝春秋読者賞を受賞した。
他の著書に、『われ万死に値す ドキュメント竹下登』(新潮文庫)、『血族の王 松下幸之助とナショナルの世紀』(新潮社)、『新聞が面白くない理由』(講談社文庫)などがある。

「2016年 『ドキュメント パナソニック人事抗争史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新聞が面白くない理由のその他の作品

岩瀬達哉の作品

ツイートする