いちばん強いのは誰だ―タブーなきプロレス激言

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062088909

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小鉄さんの意地が感じられる本です。

  • 新日黄金時代を支えた鬼軍曹小鉄氏のプロレス論。

  • あの古館伊知郎と組んでTV朝日の「新日本プロレス」中継を担当した小鉄さん、いやファンならば新日道場の鬼軍曹と言った方がわかりやすいかな。 この本は彼なりに培ったプロレス論を随所に展開しており、恐らくインディーズ系を指していると思われるが、プロ・レスラーとは呼べない連中がリングに上がることに対して危機感を感じている様だ。ガチンコとは言わなくともプロ・レスラーとしての資質を問いたかったのであろう、道場が基本であると! 余談だが私が読者カードを書いて出したらなんと小鉄さん本人から手書きのハガキが返って来た。顔に似合わず(失礼)丁寧な文章・字であった。プロレス解説者では彼がNo.1であろう。

全3件中 1 - 3件を表示

山本小鉄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

いちばん強いのは誰だ―タブーなきプロレス激言はこんな本です

いちばん強いのは誰だ―タブーなきプロレス激言を本棚に登録しているひと

ツイートする