日本人に救われたユダヤ人の手記

  • 講談社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062089241

作品紹介・あらすじ

「命のビザ」の杉原千畝とアメリカ日系人部隊の勇気!!ホロコーストを生き抜いたユダヤ人少年の感動の手記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 別の本で「杉原さんがビザを出した家族が、リトアニアから逃げることが遅くなり収容所に入った」というような記述を読んだ。その家族が辿った辛い現実(戦争前のリトアニアでの生活、杉原さんとの出会い、ゲットーでの生活、収容所での生活、そして収容所が日系アメリカ人部隊によって解放・救出されたこと)が書かれている。読むのが辛くなることがたくさん書かれていて、こんなことが現実に起こったとは想像もできなかった。色々な知恵をしぼって生き延びたソリー少年の強さに圧倒される。昨日まで隣人だった人たちが、次の日からはユダヤ人殺しを率先して行うようになる恐ろしい現実。ユダヤ人を匿った人もそれがバレたら、もしくは密告されたら殺される。自分はこのような極限の状態で正しい思考を保てるのか考えさせられる。

  • ユダヤ人のジェノサイドは数多く本や映画で知ったけど、この生き残った少年の手記は本当生々しすぎて、でも子供ながらのずるがしこさから生き延びる術を見つけ出す辺りが生きる執念というかたくましさを感じた。
    杉原千畝氏の話は物語のほんの序章に過ぎずワロタw

  • 日系二世アメリカ人がドイツやフランスで戦って、ユダヤ人を強制収容所から解放していた。素晴らしい。

全3件中 1 - 3件を表示

ソリー・ガノールの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×