さらに・大人問題

著者 :
  • 講談社
3.28
  • (4)
  • (1)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062089517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1999年刊行
    その当時自分は子供と大人の間あたりにいたと思う。学校や教師に関する意見には同意できるところもあるが、一方で違和感も感じた。
    学校も社会も統治のシステムである。国民全員が個性を持って自由に、非生産的に生きていければそれはそれで楽園かもしれないが、一定水準の生活を実現するためにはインフラも税収財源も必要でそれを担う人的資源が必要なのだ。
    そんなことは偉い人が考えればいい、俺は自由に生きていくと好き勝手言っている人は気が楽だろうなと思う。

  • 皆さん真面目すぎるんです。僕はただ面白がっているだけなのですが…。前作「大人問題」を書いてから、講演の依頼やら悩み相談のお手紙やらをたくさん受け取ったという著者が、再び世間とのズレを綴る。

    だいぶ過激に思えてしまうのは、大人だから!?

  • どう見ても大人が問題なのですから、それを子どもたちに転嫁しないでね、ということです。

  • 言いすぎかなあ、とも思うけど、絵本だけじゃなくてこういうエッセイもたくさん書いてほしい。作者いわく「書いても書かなくてもよかったなあ」、ってことだけど、私、五味さんが調子に乗りすぎるのも好きなのよ。

  • 続編。 ま、考え方は人それぞれ。

  • 社会の波にもまれて疲れたときに読んだら楽になれるかも。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1945年、東京生まれ。
工業デザインの世界から絵本の創作活動にはいり、ユニークな作品を数多く発表。子どもからおとなまで、幅広いファンを持つ。著作は350冊をこえ、多くの絵本が世界各国で翻訳されている。代表作に『きんぎょがにげた』『みんなうんち』『言葉図鑑』『さる・るるる』などがある。

「2023年 『とんで やすんで かんがえて…』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湯本 香樹実
レイチェル・L....
シェル・シルヴァ...
馬場 のぼる
ダニエル キイス
エリック カール
トミー=アンゲラ...
五味 太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×