バンコクの容姿

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062090629

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こおん本を読むとバンコクは不思議らけけの街に思えてくる。

  • 考現学に惹かれた、と出てくるように
    文献にあたったり、人に質問したり
    好奇心をちゃんと検証しようとする

    モースの「日本その日その日」がいい、とのこと

    1960年代のタイはアメリカの防共政策で発展
    北ベトナム爆撃の基地になる
    R&Rホテルがあちこちに出来る
    80年代後半の円高&観光キャンペーンで日本人増加

    13 バンコクの料理は甘い。田舎は果物か蜂蜜くらい
    17 タイ料理、高級料理は飾り切りつくくらい。肉多い。味マイルド
    25 めんは都会的な食べ物

    28 料理には酒はまったく使わない
    32 氷大好き
    42 服装で人を判断する

    46 黒服は喪服
    54 昔は男女とも髪は短く切っていた
    57 腰布文化圏。フィリピンとベトナム以外はほぼ全部

    79 トラックの飾りは船から
    106 タイの同性愛。対宗教で寛容。悩まないわけではない
    109 いい大学の学歴は買えない

    111 ソンクーラン>中国正月>西洋正月、帰省シーズン
    113 新聞、気温マイナス145度。3日連続でそのまま
    122 動詞変化いっさいなし、名詞や形容詞の単数複数、男性女性の変化なし。
    インドネシア語やピリピーノ語よりやさしい

    162 仏像ペンダント、専門誌もある。大人気
    215 使用人部屋
    222 浴槽なし

    225 冷蔵庫、ミニ台に載る
    242 帝冠様式
    245 アユタヤの都、ビルマ軍が破壊

    263 パクチー・ローイ・ナー(ごまかす、表面だけ取り繕う)
    269 ミスタイランド、工事現場で働いていた
    278 階段を作るのは難しい。数学が出来て、プロの腕必要

    タイ人とは

    金をせびる役人は悪い役人である
    金で言うことをきく役人は、良い役人である

    タイの男と生まれたからには愛人を一人は持ちたい

    ケチナ善人より気前のいい悪人の方が好かれる

    あらゆるスポーツは博打である

    部屋を見回すと友人から借りたままになっているものがたくさんある。

    割り勘とはけちな西洋人がやることだ

    金持ちや金持ちに見られたいものは、
    けっして国産のタバコやウイスキーには手を出さない

  • 2010/06/16

  • 全方位の興味。

    『バンコク:旅の雑学ノート』と評しても遜色のない、タイに対する有意義な知識と前川さんの研究成果(と言ったら前川さんは恥ずかしがると思いますが…)が詰まった一冊。その内容に圧倒されますが、自分の分からなかったところは素直に分からないと書かれているところもまた好感が持てます。

    あとがきと山口文憲氏による解説が輝いています。これは必読!

    「商店の並んだ街を歩くことは、それ自身が、楽しみの無限の源泉である。」
    エドワード・モース『日本その日その日』(石川欣一訳)

  • バンコク(タイ)の雑学辞典みたいな本。
    タイの日常的風景の中にある日本人から見たら「???」な風景を紹介する1冊。興味がある部分だけ抜き読みしても楽しい。「なんでそうなっているの?」という疑問を現地人にぶつけても、明確な回答が得られない点もタイらしい。バンコクの食事事情からオカマ事情まで網羅。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

前川健一(まえかわ・けんいち)
1952年東京都生まれ。高校卒業後、建設作業員、清掃作業員、料理人をやりながら世界を旅する。
1988年、東南アジアの食文化をテーマとした『東南アジアの日常茶飯』(弘文堂)で作家デビュー。
1990年代、『バンコクの好奇心』(めこん)など、バンコクを中心とした東南アジアの旅行記を数多く著わす。
2000年『アフリカの満月』(旅行人)でJTB紀行文学大賞・奨励賞を受賞。
2004年には「東南アジアにおける民衆の生活文化の理解に果たした業績」により大同生命地域研究特別賞を受賞。
著書に『アジアの路上で溜息ひとつ』(講談社文庫)、『旅行記でめぐる世界』(文春新書)など多数。

「2020年 『プラハ巡覧記 風がハープを奏でるように』 で使われていた紹介文から引用しています。」

前川健一の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×