情と理―後藤田正晴回顧録〈上〉

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (2)
  • (8)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 86
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062091138

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カミソリ後藤田のオーラルヒストリー。内容にやや盛り上がりに欠けるが、実務に長けた人の語りは勉強になる。

    以下、面白かった箇所。

    ・リーダーは孤独。浅間山荘事件の指揮をした時、ふだんは部下から仕事の対応方針が挙がってくるが、この時は「どうしますか?」と聞かれた。

    ・選挙の時、田中角栄からは「徹底して歩け」とアドバイスされた。個別訪問による指示者は口コミで指示者を増やしてくれる。

    ・人事において酒の問題は取り戻せる場合が多い。しかし女の問題は駄目な場合が多い。

  • 僕の部下に対する叱り方は袋叩きにしないんです。必ず逃げ道を与えてあげる。
    具体的にはきびしくいったあとで、「まあ、そういうことだよ君な」というような掛け声をひとつかけてやるわけです。そうするとむこうはほっとする。

  • オーラルヒストリーの成果の1つ。だが、この素材をどのように生かすのか、その道を示してくれないと、一般読者には敷居が高すぎる。

    後藤田の、亡き田中の想い出が一番興味深く感じられた。

全3件中 1 - 3件を表示

後藤田正晴の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×