五体不満足

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (192)
  • (224)
  • (445)
  • (22)
  • (9)
  • 本棚登録 :1876
  • レビュー :240
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062091541

作品紹介・あらすじ

両手両足がなくたって今日も電動車椅子で走り続ける、早大生・乙武洋匡君の「生きる力」とは。やさしい気持ちが湧いてくる本。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ようやく読めた。

    「障害者」を真に理解するためには、障害者としてではなく同じひとりの人間として接して同じ空気を吸って同じ感動を共有するしかないと思う。
    乙武さんの場合はまさに周りの人間とそういう壁の無い関係を築き上げてきたんだろう。

    たいしたもんです、乙武さん。

  • 話題作を読んだのはけっこう後になってから。
    明るすぎるとかきれいすぎるという批判を眼にしたのは読み終わってだいぶたってから。

    受けいれやすい障害者像を提示せざるを得なかった前世紀が見え隠れしつつ、それだけじゃ終わらせない強かさも併せ持っているのだろうと今は思う。

  • 小学生の頃に読んだ本。

    なんて強いんだこの人は!
    と思ったのを覚えている。

    物言いがきつくて
    あまり人としてすきになれるとは思えないのだけど、彼の強さには尊敬を覚える。差別されてしまっている人の代表として、代弁してくれているのだと思う。

    こんなにも強くならなくていいように、偏見無しできもちを汲めるように、対等に過ごせるように、
    わたしには何ができるのだろう、と考えた作品だった。

  • 彼が周りから信頼され、多くを与えてきたことがわかる一冊。

  • 初版時に読了。穏やかなお人柄と前向きなチャレンジ精神は、彼をはぐくんだ環境がとても好意的で温かかったからですね‥。どうぞ、いつまでもお元気でいて下さいね‥。あなたの存在は多くの人の励みだから。

  • 毎日健康で過ごせることがどれだけ幸せか、感謝すべきことなのか、改めて痛感することができました。乙武さんの強い芯、前向きで明るい人柄に惹かれました。

  • ずいぶん話題になったほんだけれど、ずっと読む機会がなくようやく読むことができた。この本が出てから20年。乙武さんは結婚したあと不倫をして離婚、とあいかわらずのやんちゃぶり。
    手足がなくても字も書けるし、ごはんも食べられるし、学校へ行って文化祭の実行委員長にだってなれる。バスケットボール部にも入ったし、卒業生代表のあいさつもした。
    できないことは何もない、というわけではないけれど障がい者だからと言って自分のやりたいことを我慢してしまうということを乙武さんはしなかった。自分が得意なこと、人より優れていること、をきちんと見つけて、自分を必要以上に卑下しなかった。
    強いなあと思う。自分だったらこんなに堂々と生きられるだろうかと。『せっかく与えてもらった障害を活かしきれていない。乙武洋匡にしかできないことは何だろうか。』素晴らしいです。人間としての魅力にあふれているなと感じました。

  • ・中学受験模擬面接の際、「尊敬する人はクラスメイトのミノルくん。彼はまず第一に他人のことを考えることができる。」P72

    ・中学校でバスケ部に入部。ドリブルが得意 P100

    ・1年D組◯◯◯◯ちゃん 制服の第2ボタン、まだ持っていてくれているのかな。P132

    ・高校受験直前「契約したから受かってくれなきゃ困るよ」無鉄砲さは親に似た。P138

    ・「洋匡」は太平洋のような広い心で、世の中を匡す(正す)」さらに匡は自由に移動ができ行動力のある王を表すという意味がある。P253

    ・障害は単なる身体的特徴にすぎない。P257

  • 過去記録。中学時代。

  • いまいち・・・確かにご苦労された様子はうかがえる一冊なのだが・・・もう一回読んでみようかな

全240件中 1 - 10件を表示

五体不満足のその他の作品

乙武洋匡の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

五体不満足を本棚に登録しているひと

ツイートする