ザ・対決

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062092104

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  再読。
     「ソクラテスvs.釈迦」、こういう趣向をフェイク・エンディングというのだろうか、盛り上げるだけ盛り上げてストンと落とす。ガッカリした記憶あり。再読でも悪印象は変らず。
     その他の勝負は直接対決するのもあり、「コーヒーvs.茶」のように擬人化して対決するのもあり。パスティーシュの醍醐味が味わえる。
     「楊貴妃vs.クレオパトラ」は好個の短篇小説になっている。全十番勝負のうち、これを強く推したい。

  • ソクラテスvs釈迦から始まって、各種対決10番勝負。人物以外にもコーヒーvs茶やらラーメンvsカレーライスやら。時代も国も人も超えて。まっとうな知識を得られちゃうものから、ちょっとした娯楽の短編小説的なものまで、豊富なバリエーションで10番なんかじゃ物足りない!そんな一冊でした。

  •  釈迦とソクラテスはほぼ同時代の人なんだそうだ。その二人が出会ったらどんな話をするのかな?と思いきや(後はネタバレにつき省略!)ほか、コーヒーと紅茶、カレーとラーメン(どっちの派閥に属するか、だな)など全部で十の対決をオムニバスで送る短編集。

  • 2005.10.22
    対決方法がかわいらしいというか平和的というか・・・

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1947年愛知県生まれ。愛知教育大学教育学部国語学科卒業。1981年『昭和御前試合』でデビュー。1986年『蕎麦ときしめん』が話題となり、独自のパスティーシュ文学を確立する。1988年『国語入試問題必勝法』で第9回吉川英治文学新人賞を受賞。2009年、名古屋文化の神髄紹介とユーモアあふれる作風により第62回中日文化賞受賞。『永遠のジャック&ベティ』『金鯱の夢』『虚構市立不条理中学校』『朦朧戦記』等著書多数。また西原理恵子との共著として『おもしろくても理科』『どうころんでも社会科』『いやでも楽しめる算数』『はじめてわかる国語』などがある。

「2021年 『MONEY 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清水義範の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×