自分の顔、相手の顔―自分流を貫く生き方のすすめ

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (1)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062092364

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新聞の連載エッセイをまとめた本。
    日本財団の業務の一部が分かります。

  • 2000頃? 今さらながら過去既読のものを発見。産経新聞か何かに掲載した作品のエッセイ集。当時家族をテーマにした作品には結構感銘を受けたような気がします。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京生れ。1954(昭和29)年聖心女子大学英文科卒業。
同年発表の「遠来の客たち」が芥川賞候補となる。『木枯しの庭』『天上の青』『哀歌』『アバノの再会』『二月三十日』などの小説の他、確固たる人間観察に基づく、シリーズ「夜明けの新聞の匂い」などのエッセイも定評を得ている。他に新書『アラブの格言』などがある。

「2022年 『赤毛のアン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

曽野綾子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×