心が脳を感じるとき

著者 :
  • 講談社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062092449

作品紹介・あらすじ

ニューロンの発火によって、なぜ脳に心が宿るのか?心と脳の謎を解き明かす「心の科学」の新理論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • クオリアについての本。
    この著者のものはだいたい同じ内容になりつつあるから、もう読まなくていいか。

  • 内容的には、“脳内現象”とさほど変わっていなくて、というよりもこの本の内容から“脳内現象”まであまり進展していないという印象。ただ、こちらの方が書き方としてはやや丁寧だったと思う。しかしながら、脳から説明しているとはやはり思えない。“計算理論のレベル”を追及しているのだとしたら納得できるかもしれないが…。いや、中途半端な現象論だろうか。

    しかし、本人も書いているが“言葉で表すことができない“あのクオリアをどのようにしたら説明できるのだろうか。やっぱり、何ができたときに説明できたことになるかとポリシーが見えない。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1962年東京生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学 専攻課程修了。理学博士。脳科学者。理化学研究所、ケンフ?リッシ?大学を経て現職はソニーコ ンヒ?ュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。専門は脳科学、認知科学。主 な 著 書 に『 ス ト レ ス フ リ ー な 脳 に な る! 茂木式こ?きけ?ん脳活ルーティン』(学研フ?ラス)、『緊張を味方につける脳科学』(河出書房 新社)、『脳か?めさ?める「教養」』(日本実業出版社)なと?多数。

「2022年 『脳は若返る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

茂木健一郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×