難風

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062092760

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 峻烈:信長の比叡山の焼き討ちの前哨を描いたもの  佐和山炎上:石田三成の三男八郎の落城を書いたもの 忠直卿御座船: 鎮西将軍と称された忠直が追いこまれて行く様を書いたもの 玉のかんざし: 伏見城恋歌: 魅入られた男: 雷電曼荼羅: 斬奸刀: 難風:

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

作家。1955年福岡県生まれ。久留米高専卒。東京の図書館司書を経て本格的な執筆活動に入る。1990年、『血の日本史』で単行本デビュー。『彷徨える帝』『関ヶ原連判状』『信長燃ゆ』『レオン氏郷』『下天を謀る』『冬を待つ城』『おんなの城』等、歴史小説の大作を次々に発表。2015年から徳川家康の一代記となる長編『家康』を連載開始。2005年に『天馬、翔る』で中山義秀文学賞、2013年に『等伯』で直木賞を受賞。

「2022年 『家康はなぜ乱世の覇者となれたのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安部龍太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×