ダブ(エ)ストン街道 (MephistoClub)

著者 :
  • 講談社
3.52
  • (5)
  • (5)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 42
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062092845

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者初読み。
    気分的にはメフィスト賞ではなく、日本ファンタジーノベル大賞最終候補作として読みました。
    これまた面白い、というか(好き嫌いが別れるのは想像できるので)とても自分好みの作品でした。
    つまり、やっぱりファンタジーノベル大賞だ。
    これ、大賞でも優秀賞でもないのかー。

  • アイディアのたっぷり詰まった幻想小説。さまよい続けていくことが幸福だ。

  •  文章が上手いので楽しめる。著者のデビュー作。

  • メフィスト賞(8回)

  • とりとめのない未知の世界に迷い込んで破天荒な冒険を繰りひろげるというシチュエーション、何かを思い出すなあと思ったら、子どもの頃に読んだ児童文学、アンドレ・モロアの「デブの国ノッポの国」。あの頃はただハラハラドキドキ楽しんでいれば良かったけれど、さすがにそういう歳でもない。いやでも(作者は何が書きたくてこんな物語を書いたんだろう)と思いながら読んでしまう。すると終盤、誰もが道に迷うダブ(エ)ストンからただ一人生きて生還したというカーライル卿の手記の形を借りてそれらしきテーマが示される。曰く、文明に侵されていないダブ(エ)ストンにおいては辿り着く事よりも迷う過程にこそ価値がある、云々。つまりダブ(エ)ストンとは人生のメタファか? あるいは創作に七転八倒する物書きの開き直りの弁明か? ……と作品世界のコアに迫ろうとしたとたん陳腐になってしまう。やはりとりとめなく彷徨い歩く楽しみに没頭すべき作品なのかも知れない。でもだとすると、今ひとつ想像力の飛躍にキレがないんだよな。

  • 歴代メフィスト賞受賞作品の中で一番好きだ。

  • ▼きもちよいファンタジーだった。へんてこかわゆいねえ。
    ▼王様一行が好きです。

  • 「カード・ミステリー」に似てる!

    それよりキッチュってどういう意味?



    この本好きかも知れないデス。



    伏線沢山作ったなぁ。

    でもほぼ全て消化し切れててスゴイや!



    そう言えばどうして騎士の馬はみんな「ピエール」なんだろう。

    「鏡の国のアリス」の「白の騎士」がそうだったかな。

    ※違いました。

  • タイトルに惹かれて読んでみてよかった〜。メフィスト賞とっているからもっと暗めだと思っていたのに、素敵なファンタジーだったよ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1959年兵庫県生まれ。関西大学卒業後、コピーライターを経て、98年『ダブ(エ)ストン街道』で第8回メフィスト賞を受賞しデビュー。2003年『石の中の蜘蛛』で第56回日本推理作家協会賞長編部門を受賞。

「2022年 『我が尻よ、高らかに謳え、愛の唄を』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅暮三文の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×