最悪

著者 :
  • 講談社
3.56
  • (43)
  • (108)
  • (127)
  • (13)
  • (7)
本棚登録 : 640
感想 : 93
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062092982

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • その町には幸と不幸の見えない境界線がひかれている。事業拡大を目論んだ鉄工所主・川谷を襲うウラ目ウラ目の不幸の連続。町のチンピラの和也が乗りこんだのは、終わりのない落ちるばかりのジェットコースター。「損する側のままで終わりたくない!」追いつめられた男たちが出遭い、1本の導火線に火が点いた。

  • クライマックスのむちゃくちゃさが良かった。最悪なのに、スッキリした読後感。

  • 漢字2文字シリーズ、ハズレ無しです。

  • 今は、読むだけの気力がありません。 題名だけでダウン。

  • 2003/8/22 最初の本 ★4

  • 町工場の社長新次郎、チンピラの和也、銀行員のみどり、3人の日常に降りかかる不幸の連鎖。
    これでもかと続く不幸が最悪に繋がる。

    新次郎に続く最悪な出来事は、とにかく読んでいて辛かった。
    本人は一生懸命なのにと思うとやり切れない気持ちになり、こちらまで息苦しくなってくるほど。

    3人がかもめ銀行のロビーで出会い、逃亡劇を繰り広げる。
    逃げられっこない、と思うような杜撰な逃亡劇なのに、どこかおかしくて、何とかならないものかなと同情してしまった。

    ラストは落ち着くべきところに落ち着いた感じ。
    スッキリとは行かなかったけれど、とりあえず読者の私もホッとしました。

  • おもしろかった
    タイトル通りの展開だった。
    救いようのない展開だが、次が気になり読み続けられる。

  • 前半、無関係に生きている3人の人生の憂鬱がかなり細かく書かれているので、3人が出会い、急展開を見せる後半での各人の心境が良く分かって面白い。主人公3人の人生がこれでもかというほど悪い方に悪い方に展開していくのはマンガ的であるが、前半でそれぞれの事情が詳しく描写されているため、心象風景はかなりリアルである。主人公達がどんどん不幸になっていくので、最後に何かどんでん返しがあって幸せになったりするのかと思いきや、最後まで容赦なく不幸になって行く。不幸も不運も、悪い方に突き抜けると思わず笑ってしまうことがあるが、そうした時に感じる開き直りのような感情を上手く表現している。

  • ほんと、最悪でした。

  • (2014.04.19読了)
    タイトルどおり、物事が悪い方へ悪い方へ転がっていく最悪の展開です(;^_^A

全93件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。近著に『罪の轍』。

「2021年 『邪魔(下) 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

奥田英朗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥田 英朗
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂幸太郎
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
奥田 英朗
雫井 脩介
奥田 英朗
東野 圭吾
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
奥田 英朗
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×