女房が宇宙を飛んだ

著者 :
  • 講談社
3.84
  • (17)
  • (20)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 143
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062093156

作品紹介・あらすじ

'94年夏、向井千秋は宇宙の旅で何を見たのか?壮大なスケールで展開するユーモアとロマンあふれる人間讃歌。女房は宇宙で単身赴任中、地上から熱烈エールを送る夫のマキオ…。ベストセラー『君について行こう』に続く、待望の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ふむ

  • おもしろかった!
    まきおさんの生き方まなんでこう!

  • 借りた本の消化が続くが、これはスペースシャトルの裏話が色々書いてあって面白かった。飛行に関する手順やサポートの人々の数など、凄いものがあるだろうとは思っていたけれど、やっぱりすごかった。シャトルのトイレや重カに関する話も興味深かった。

  • 2016.4 市立図書館

    続編

    面白かった。

  • 面白夫婦。

  • 請求記号・916/Mu
    資料ID・310003635

  • 日本人女性として、アジア女性として初めて宇宙へ行った、向井千秋さんの夫の手記。

    ご主人、本当に奥さんの事が大好きなんだなーと、言葉の端々から感じたよ。
    科学的かつ論理的な語り口も、私には分かりやすく、かつ、ワクワクしながら読み進めました。

  • こんなに笑った本はないかもしれない。元気が出ました。キュウリとナスの話が好きです。

  • 『君について行こう』の続きがひょんなことから手に入ったので、読んだ一冊。相変わらずの奥さん大好きっぷりに心温まった。

  • 向井さんが宇宙に飛びだった時、自分はまだ小学生でした。
    そのことを思い出しつつ、面白く読ませていただきました。
    宇宙飛行士の実態や、宇宙についての話をユーモアたっぷりに書かれていました。
    作者は、あまりに知られていない宇宙・宇宙飛行士の事実について、少し残念に思っているのか、と感じる節も多々ありました。
    これは、自分を含めた皆が、宇宙は遠く離れた場所にあり、現実味が無く、全く無関係な存在だからと思っているから、正しい知識をつけないままで終わってしまうのではないでしょうか。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

むかい・まきお 1947年、東京都生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部准教授、病理診断部部長を務めた。
「宇宙飛行士・向井千秋の亭主」であることを潔く自認し、『君について行こう 女房は宇宙をめざした』『続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ』などのエッセイを執筆。2009年、『謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA』で第25回講談社エッセイ賞を受賞。著書に『ハードボイルドに生きるのだ』『渡る世間は「数字」だらけ』『無名の女たち 私の心に響いた24人』『米国の光と影と、どうでもイイ話』など。

「2018年 『人に言いたくなるアメリカと野球の「ちょっとイイ話」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

向井万起男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
湊 かなえ
ダニエル・タメッ...
ウンベルト エー...
奥田 英朗
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×