ねこの恋

著者 :
  • 講談社
2.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 12
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062093385

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大人のエッセイ集、って感じ。半分以上は婚外恋愛(要するに不倫ってやつ)について、知人の会話などを引き合いに出して語ってる。結婚してても恋はしたい、そういう気持ちわかるなあ。

  • ほとんど共感できるところがないエッセイを読むのは苦痛に近いということを発見。それでも最後まで読まずにはいられない。負けた気がするから。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

大石 静(おおいし しずか)
1951年東京都生まれの脚本家・作家・女優。日本女子大学卒業後、女優になるため青年座研究所に入る。1981年、永井愛と「二兎社」を設立、二人で交互に女優と脚本を担当。1986年『水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策』で本格的に脚本家としてデビュー。
以降、多数のテレビドラマの脚本を担当することになり、1991年脚本家に専念するため俳優を廃業、二兎社を退団。1996年『ふたりっ子』で第15回向田邦子賞、第5回橋田賞受賞。2008年『恋せども、愛せども』により文化庁芸術祭賞テレビ部門(ドラマの部)優秀賞受賞。2011年『セカンドバージン』により東京ドラマアウォード2011脚本賞、放送ウーマン賞2010を受賞。アニメ『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』の脚本も務めている。
飛躍する若手俳優を見抜く眼力に定評があり、内野聖陽、佐々木蔵之介、堺雅人、長谷川博己を自らのドラマに登用してきた。2019年、NHK札幌放送局が制作する北海道150年記念ドラマ、嵐・松本潤主演「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎」(ニシパは小さいシが正式表記)脚本を担当。
『セカンドバージン』等、ドラマ脚本作の単行本・文庫化作は多い。2018年に対談を書籍化した『オンナの奥義 無敵のオバサンになるための33の扉』を刊行している。

大石静の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×