諸子百家―春秋・戦国を生きた情熱と構想力

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062093620

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 9流百家(儒家、道家、陰陽家、法家、名家、墨家、縦横家、雑家、農家)と兵書を書いた兵家を合わせて諸子百家と言うそうだ。その作者の経歴や思想について解説している。その中のひとり、孔子の言葉を集めた論語。実は孔子は挫折の人生で多くの君主に自分を売り込んだが、相手にされず、不遇の生涯を閉じている。しかし日本では古く江戸時代から論語を学んでいる。なぜか?「孔子の人生が高い理想を掲げながら厳しい現実に破れ去った悲劇の人生と自分の人生と重ねた合わせた点にあろう」と著者は言う。「大多数の人間にとって、人生は思いどうりに行かない。願望の大半は叶えられずに終わる。そうした時人々は『論語』から孔子の挫折の人生を読み取り自己の人生と重ね合わせて共感する」私も共感した。

  • 一味違った諸子百家の概説的な本です。孔子を徹底的にこきおろしている点が特徴的。わりと簡単に読める一冊です。

著者プロフィール

1946年仙台市生まれ。東北大学文学部卒業、同大学大学院文学研究科博士課程修了。専攻は中国哲学。文学博士。東北大学大学院環境科学研究科教授などを経て、現在、東北大学名誉教授。おもな著書に『孔子神話』『古代中国の言語哲学』『「孫子」を読む』『古代中国の宇宙論』『老子と上天』などのほか、講談社学術文庫に『孫子』『墨子』『諸子百家』がある。

「2017年 『儒教 怨念と復讐の宗教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

浅野裕一の作品

ツイートする