新版・象工場のハッピーエンド

  • 講談社
3.46
  • (7)
  • (17)
  • (40)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 120
感想 : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062094504

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 安西さんの脱力系の絵。やる気があるのかないのかわからない村上さんの文章。
    統一感の無さが、逆にすべてをまとめているような本だった。

    大学進学のために上京してきた1968年の春、がらんとした部屋でジョン・アプダイクを読んだ話と、十七歳くらいのときに初めて買った英語のペーパーバックを、レコードを聴きながら一生懸命読んだ話が印象的だった。

    いつ、どこで、どんなふうにその本を読んだか、ということは何年も経ったあとでも意外と覚えている。
    『風の歌を聴け』はセンター試験の会場、『海辺のカフカ』は大学から帰宅する電車のなか、『東京奇譚集』は病院の待合室で読んだ。

    何万冊も同じ本が印刷されて売られている。けれど、自分と同じ場所で同じ時に同じ気持ちで同じ本を読んでいた人はいない。だから、本は常に自分と一対一の関係みたいに感じている。
    自分でも何を言っているのかわからない。でも、自分はそうやって本を読んできた。これからもきっと同じだ。

  • 僕は昔から双子にすごく興味がある。一度でいいから双子の女の子とデートしてみたいというのが僕の積年の夢である。両脇に同じ顔をした女の子が一人ずついたら、いろんなことがすごく楽になりそうな気がするんだけど、そうでもないのかな。

  • 村上春樹のエッセイ(短編?)と安西水丸の絵がコラボ。
    絵が、関係あるのか無いのか絶妙なラインで大盤振る舞いしているのが緩い雰囲気。

    話の内容は、でたらめスニーカー伝説や赤にしん、双子の女の子や万年筆店など様々で突拍子もなく、でも英語の言い回しなんかは「ははあ、なるほど」と感心するかも。作者の冗談かもしれないが。

  • 安西氏のイラストが半分を占め、春樹本の中でも特に安西氏の存在を強く感じさせる、絵本のような短編集。相変わらず酒のつまみにもってこいな一冊。一人称が「あたし」の犬が気に入った。

  • 村上春樹作品(文章や表現)をこよなく愛する人にはうってつけの本。
    癒される。安西水丸さんの挿絵も絶妙なタッチで描かれている。村上春樹ワールドと安西水丸氏の挿絵が絶妙に絡み合って美味しいパスタに♪何度読み返しても癒されます。

  • あまり読書に時間がとれない今,ふと図書館で目についた一冊.

    開いてみると絵がまず気に入りました.

    ....って文はどこだー.みたいな.

    正直村上春樹の本は良く分からないって思ってたけど,
    なんだか惹かれちゃうものがあるんだなー.

    なんだか鬼気迫るものがなくって安心する感じ?

    自分でもよくわかりません.

    いつか分かる日がくるのかな.なんて思った一冊でした.

  • 象工場で働きたくないな。

  • 私も働きたい象工場

  • 周期的に読みたくなる村上春樹さんの作品。でももうほとんど読みきってしまってもうないよ(涙)。比較的短編が好きなので、短い行間から宝探しをするみたいに読んでいます。期待に応えてくれます。

  • 初めて読んだ。双子とか、羊男とかが出て来て物凄く懐かしい気分にさせてくれた。相変わらずな感じはするんだけど。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年 京都府生まれ。著述業。
『ねじまき鳥クロニクル』新潮社,1994。『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』新潮社,1985。『羊をめぐる冒険』講談社,1982。『ノルウェイの森』講談社,1987。ほか海外での文学賞受賞も多く、2006(平成18)年フランツ・カフカ賞、フランク・オコナー国際短編賞、2009年エルサレム賞、2011年カタルーニャ国際賞、2016年ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞を受賞。

村上春樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×