家紋の文化史―図像化された日本文化の粋

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062094603

作品紹介・あらすじ

日本文化の真髄ともいわれる家紋。古代から江戸時代までその歴史と背景に迫り、職人たちが遺した感性豊かなデザイン美を紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全ての家紋が載ってる訳ではないけど、それぞれどういう家の家紋として使われてきたのか、とかどういう謂れがあるのか、とかが書いてある本。
    家紋の本っていうと、種類だけたくさん載ってて、解説が少ないのが多いような気がするけど、これは解説も結構載ってる。
    最低でも半ページはあるかな…?
    家紋だけじゃなくて、他の写真も載ってます。
    個人的には謂れとかが大好きなので、オススメです。

  • 2011/5/20 参考文献

  • 家紋って文化自体中原の日常にはないので新鮮でした。

全3件中 1 - 3件を表示

大枝史郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×